みなさん、こんにちわ!

今回は花粉症と関係が深い腸内細菌について簡単に説明してみます。

まずは腸内細菌とは!

腸内細菌とは腸に存在する細菌のことである、一人あたり100兆個あると言われ人と共存関係にあり、彼らの仕事は消化を助け栄養を作り出すことです。

大まかな流れは以下の通りになっており

ごはんを食べる

胃で消化され

腸にて細菌たちに
分解→再構築(ビタミンなどを作り出す)→栄養として吸収→不要なもの排出

また免疫力のサポートをしており、個人差もあるが花粉症は免疫力のバランス崩れによる過剰反応から生じる症状なのです!

腸内細菌の種類!

腸内には大きく分けて以下の3種類に分けられます。

善玉菌→ビフィズス・乳酸菌・・・etc

悪玉菌→ウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌・・・etc

日和見菌(ひよりみ)→連鎖球菌・・・etc
*腸内にて拮抗バランスを取っており体調が悪くなると悪い働きをする!

腸内は細菌たちにとって住みやすい環境が整えられており、細菌たちと「GIVE AND TAKE」の関係にあり、日頃の生活リズムの変化など腸内環境は変化に敏感なのです。細菌たちがバランスを崩してしまえば、私たちも体調を崩してしまうのです。

つまり、腸内環境を整えれば私たちの体調も整えられるといえるでしょう。

鍼灸では身体の調子を整える際、血行改善も重点においており腸内環境を整える力になっているといえます。
免疫力が落ちているな~と感じたら、ぜひ不老閣を訪ねてください。

LINEで送る