薬局で若い娘さんが話しているのを聞いたのですが、

花粉症にはワセリン

らしいです。

なるほど、ワセリンを鼻の孔の中や目の周りに塗る事で、入り口で花粉を吸着して体内に入れないようにするわけですね。
これはシンプルですがなかなか効きそうです。

やるなワセリン。

デリケートな乙女のお顔に塗るなら赤ちゃんのお肌の保湿にも使えるものを選ぶことをお勧めします。
不純物の多いワセリンだと逆にアレルギー引き起こす……というのは大げさかもですが、可能性はあります。
薬剤師さんに相談して下さいね。

そしてもし!ワセリン花粉症に意味ねぇ…って結果だったとしても、靴の汚れとり、まつ毛の育毛、グロスがわり等々、ワセリンの利用法はたくさんあるので無駄になりません。
少なくとも鼻をかみ過ぎてガビガビになってしまった鼻の下を保護するのに役立ちます!
そう思って次にいきましょ。

皆様の生活をより健康的なものにするために、不老閣は西洋医学、東洋医学、おばあちゃんの知恵袋などなどあらゆる知識を動員し、養生指導としてお伝えしています。

ただ、ワセリンを鼻に塗り続けても「花粉症体質」が治るわけではありません。
花粉から身を守る一つの方法というだけです。
積極的な体質の改善には鍼灸の力で!不老閣と共に、攻めてゆきましょう!!

 

LINEで送る