「スッキリとした寝覚めが欲しい」
「布団に入ったらスッと眠りにつきたい」
「夜中に何度も目が覚めるのは勘弁してほしい」

睡眠に対するちょっとした不満はみなさんお持ちだと思います。

そんな不満を持つ皆さんが、たまに間違っちゃう

「寝られないからお酒をひっかけて寝てしまおう」

という思考について、少しお話したいと思います。

お酒飲んだ後は眠たくなります。これは事実です。
飲み会に参加した帰りに電車で寝こけてしまい降りる駅をスルーしてしまった、なんて経験談は誰でも一度くらいはあると思います。(無い方がいたら、その方はとても立派な方だと個人的には尊敬します)
その経験があるからこその「眠られないからお酒をひっかけて寝てしまおう」なんでしょうけれど、一晩の眠りという視点で考えると、寝酒は得策ではないようです。

○アルコールは実は睡眠を阻害する
アルコールが体内で分解されて出来る「アセトアルデヒド」は、レム睡眠(体が眠って脳が起きている、浅い眠り)を阻害します。
人は一晩の眠りの中で、浅い眠りと深い眠りを90分間隔くらいで繰り返します。アセトアルデヒドは、その浅い眠りの時に覚醒させてしまうので、連続して眠ることが出来なくなります。

○アルコールは、睡眠中に尿を作らないようにするホルモンを阻害する
人は眠っている間は「抗利尿ホルモン」が出て、あまり尿を作らないようにしています。睡眠中にトイレにいちいち起きなくて済むのはそのためです。
アルコールは「抗利尿ホルモン」をいじめて役に立たないようにします。ですので、起きている時同様にトイレに行きたくなってしまいます。ただでさえお酒という水分をたっぷり飲んでいるのにいつも通りおしっこ作られたら……お分かりですね?何度もトイレに起きなきゃいけません。

上記の様な理由から、寝酒はあまり推奨できるものではありません。

一日に7時間の睡眠をとればいい「だけ」ならば、1時間ずつ7回の睡眠でも構わないのでしょうが、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)が連続して繰り返されることが心と身体が休まる「休息」としての睡眠になると考えられます。

まとめ

アルコールを分解してできるアセトアルデヒドが、レム睡眠(体が眠って脳が起きている、浅い眠り、夢を見る)を阻害する。

寝ている時は尿を作らないホルモンが出て、夜中にトイレに起きないですむようになっているが、アルコールはそのホルモンを阻害するので尿を作ってしまう。

浅い眠りを阻害する。尿意と相まって何度でも起きてしまう。

良質な睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠のリズムが取れて初めて、心も体安らぐ「睡眠」となる

眠る事で体を回復させ、脳は情報を処理(記憶の定着など)し、体を修復させるためのホルモンを出す。一日の反省と次の一日への準備。

 

そんなアナタは良質な睡眠を取れていますか?

LINEで送る